自信がなくて前に進めない

 

自信とは、まだやったことのないことに対して、私は出来ると信じることです。

よく根拠がないと自信がもてないと言う話を聞きますが、自信に根拠は必要ありません。

もし根拠があるとしたら、すでに過去に出来たことなので、自信があるとはいいません。

出来てあたりまえのことだからです。

 

なので。

やりたいことはあるけれど、自分に自信が持てないからなかなか前に進めないのだとしたら。

それは本当に自分のやりたい事?
誰かに刷り込まれた情報や、いい事をしなければ、という思い込みはない?

ということを考えてみてください。

もしかしたら、それは本当に自分のやりたい事ではないかもしれません。

 

心からやりたいと思ってない事は、無意識がいろんな理由をつくって、やらないでいいようにしようとします。

それでも無理して続けていたら、身体に不調をきたしてしまう事もあります。

 

本当にやりたいことは、ただやりたいからやるだけなのです。

自信があるからやるのではありません。

とてもシンプルです。

 

あなたがいま自信がなくて一歩前に進み出せないことがあるとしたら、どうすればいいか。

まず、私は本当にこれがやりたい?と自分自身に問いかけてみてください。

あなたの無意識はとても賢いので必ず答えを知っています。

 

答えは、常にあなたの外側ではなく内側にあります。

それを見つけてゴール設定できると、とても自然にそのゴールに向かうことができます。

 

ABOUTこの記事をかいた人

パーソナルコーチ(苫米地式認定コーチ)/量子場師/ProFaceDesigner/アクセスバーズプラクティショナー。 世界最先端の機能脳科学と認知心理学に基づいたコーチング。 脱洗脳。制限を外す。共感覚による内部表現の書き換え。 テーマ:「より自由に、美しく、なりたい自分に」