あなたは誰のもの?

例えば、結婚したら。

自分は相手のものになり、相手は自分のものになる、かのように思う人が多いようですが。

人が人の身体を物理的に拘束することは可能ですが、本当の意味で人が人を所有することはできません。

お金で拘束することが出来るのも物理的な部分で、心までは拘束できません。

人は誰のものでもないし、誰かを自分のものにすることもできません。

それが付き合っている相手でも、結婚相手でも。

相手を所有することなどできないのです。

本当は何も得ることもないし、失う事もない。

ただ体験を共有する。

その瞬間の感情を共有する。

でも、その中で感じる事はまた人それぞれなのです。

どこまでいっても、あなたはあなたであり、誰のものにもなりようがないのです。

ABOUTこの記事をかいた人

パーソナルコーチ(苫米地式認定コーチ)/量子場師/ProFaceDesigner/アクセスバーズプラクティショナー。 世界最先端の機能脳科学と認知心理学に基づいたコーチング。 脱洗脳。制限を外す。共感覚による内部表現の書き換え。 テーマ:「より自由に、美しく、なりたい自分に」