自分の思考を通して、自分の人生をつくっている

.

人は、他人を介して、自分自身をみています。

あらゆる角度から見ているという感じです。

.

自分の中にないものは、他人の中にも見つけられません。

.

よく浮気性の彼は彼女の浮気を疑って嫉妬深かったり、束縛したりするのですが、それは自分がそういうことをするから。

自分の中にある情報で、相手のことも同じように見ているのです。

.

自分にとって、「この人はこんな人」と思っている相手も、自分にとってそう映っているだけで、本当はどんな人かなど分かりようがないし、決められるものでもありません。

人にはいろんな要素があり、混沌としていて、常に変化しているのですが、自分の思考のフレームがピックアップしたものだけを集めて、「この人はこういう人」と決めていきます。

.

そして、相手がその思い込みと違った時、そんな人とは思わなかった、裏切られた、となったりするのですが、それはあなたの思い込みと違っただけで、相手の人はずっとその人であるだけなのです。

.

人が人を傷つける、ということも本当はありません。

(物理的に身体を傷つけることはまた別)

.

事実がどうであれ、自分が傷ついたと感じ、それを他人のせいにしたとき、傷つけられたと感じるのです。

.

人は、それぞれが思考のフィルターを通して世界を見るので、事実をありのままに見れていません。

もし、ありのままに見れているとしたら、存在のすべてが同価値ということになります。

それは、たとえて言うのなら、親もゴミも同じ価値を持つということ。

きっとそういう人はいないでしょう。

.

 

あなたは自分の人生を創造している本人です。

.

自分に限界があるという信念を受け入れれば、限界だらけの人生を作り上げます。

信念は、自分の中で確信を積み重ね、不動ものとなることで、あなたの人生の現実となっ.ていきます。

.

あなたは自分の思考を通して、自分の人生をつくっています。

あなたの思考に制限が少なければ少ないほど、自由に人生を創造することができます。

.

どんな情報を自分の中に受け入れるか、すべてはあなたの選択次第です。

あなたが選択をすれば、それがあなたの人生になるのです。

.

ABOUTこの記事をかいた人

パーソナルコーチ(苫米地式認定コーチ)/量子場師/ProFaceDesigner/アクセスバーズプラクティショナー。 世界最先端の機能脳科学と認知心理学に基づいたコーチング。 脱洗脳。制限を外す。共感覚による内部表現の書き換え。 テーマ:「より自由に、美しく、なりたい自分に」