過去は関係ないということ

未来にとって過去は関係ありません。

ですが、過去がないという事とはまた違うので、過去に取り入れた情報や思い込みが無いということではありません。

今、自分の本当にしたいことが分からない、ゴールは設定したけど上手くいかないという人は、まず思考することをストップし、今の自分の中にある情報(思い込みや制限など)を知る事、そしていらない情報を手放す、という事をしてみるといいと思います。

それは、制限ばかりの自分から、本当に心からやりたい事が思いつく可能性が低いからです。

本当に心から自分の望むゴールが設定できると、今、過去、未来の情報が一気に書き換わっていくので、過去に取り入れた情報を敢えて知る必要はありません。ですが、ゴールが分からない、設定したゴールに進んで行かないという人には有効な方法です。

 

現実は、あなたが考えたり、望んだり、想定して作り上げたもの。

真実とは、ただそこにあるもの。

現実とは、真実をあなたが解釈し理解に至ったもの。

 

いらない思い込み、制限を手放すと、現実は確実に変化していきます。

ABOUTこの記事をかいた人

パーソナルコーチ(苫米地式認定コーチ)/量子場師/ProFaceDesigner/アクセスバーズプラクティショナー。 世界最先端の機能脳科学と認知心理学に基づいたコーチング。 脱洗脳。制限を外す。共感覚による内部表現の書き換え。 テーマ:「より自由に、美しく、なりたい自分に」