心から望んでいること

 

私が、心から望んでいることはなんだろう。

 

 

 

子供のころは親、学校では先生、テレビや雑誌、周りの人達の言うこと。

 

 

様々な情報を受け取って生きてきた私たちは、自分自身が心から本当にしたい事や、大切なことに気づいているだろうか。

 

 

自分が受け取ったとはいえ、無意識に刷り込まれた情報は、

知らず知らずに自分の価値観となり、

本来生まれ持った自分の感覚を覆ってしまいます。

 

 

例えば学校教育などで、個性を大切にするのではなく、

教育者側のもつ価値基準に合わせられることや、

全体と一緒であることを良しとするような環境を体験すると、

皆と同じであることが正しく安心感を得られるというような

感覚を持ってしまっているかもしれません。

 

 

ですが、本来、人はそれぞれ違うのが自然です。

 

 

何に価値を感じるのかは、人それぞれ違っていて当然なのです。

 

 

 

 

例え、100人のうち99人が、

価値がないと言うことも、

私にとって価値があることなら、

私の世界ではとても大切なことになります。

 

 

良いも悪いも、おかしいも、

間違っているもなく、

ただ「そうだ」というだけのこと。

 

それが私であるということ。

 

 

 

だれに判断される必要も、認めてもらう必要も、分かってもらう必要もありません。

 

 

 

人は本当の意味で、自分以外の人のことを理解することはできないので、分かってもらおうと思うことが、そもそも無理なことなのです。

 

 

 

 

でも、私は人のことを理解している、と思っているとしたら、それは理解した気になっているだけです。

 

 

なぜなら、思い込みも価値観も感覚も感情も、人それぞれ。

何もかもが違うから。

 

 

同じ出来事に遭遇しても、みんなが自分と同じ事を感じてはいません。

 

一般に悲しいと表現する感情ですら、それがどんな感情なのかは人と比べようが無く、人が自分と同じ感情を感じているかどうかは分かりません。

 

 

人は、誰一人として、同じ世界を生きていません。

 

 

どんな人も、みんな、自分の事しか分かりません。

 

人を見るときも、自分の思いこみのフィルターを通して見ています。

 

 

 

 

私たちは、ひとりひとりが自分の望むことを体験するために、いま存在しています。

 

人に認められるために生きているのではありません。

 

 

 

 

 

 

自分という軸があった上で、人と人は、共感する部分を感じたり、違いを感じたり、

助け合えたり、リスペクトしあったり、愛しあったりして喜びを共有できます。

 

 

 

 

 

 

あなたにとって、本当に大切なものはなんでしょうか。

 

たくさんの物や情報に囲まれて、本当に大切なものを見失っていませんか。

 

 

自分の人生は自分で創造しています。

 

 

それなのに、外側に答えを探し求めていませんか。

 

 

 

何に意識を向けるかが、とても大切です。

 

 

 

 

自分が本当に望むことが分からない時

 

 

自分の外側ではなく、内側に意識を向け

 

 

「私が本当に望んでいることはなに?」

 

 

 

と自分自身に問いかけてみてください。

 

 

 

 

 

あなたの無意識は必ず答えに導いてくれます。

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

パーソナルコーチ(苫米地式認定コーチ)/量子場師/ProFaceDesigner/アクセスバーズプラクティショナー。 世界最先端の機能脳科学と認知心理学に基づいたコーチング。 脱洗脳。制限を外す。共感覚による内部表現の書き換え。 テーマ:「より自由に、美しく、なりたい自分に」